1. ホーム
  2. 経済
  3. コスト抑制と距離延長 日産、新燃料電池車

FCV、EVの課題克服
コスト抑制と距離延長 日産、新燃料電池車

経済 神奈川新聞  2016年06月15日 02:00

日産自動車(横浜市西区)は14日、サトウキビなどから作るバイオエタノールで発電した電力を用いる新技術「e-バイオ フューエルセル」を搭載した燃料電池電気自動車の開発構想を明らかにした。自動車の動力源として「固体酸化物型燃料電池」(SOFC)と呼ばれる高効率な発電装置を世界初で採用する。商用車での...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする