1. ホーム
  2. 社会
  3. ツタヤ図書館訴訟 住民側の訴え却下

横浜地裁判決
ツタヤ図書館訴訟 住民側の訴え却下

社会 神奈川新聞  2017年01月31日 02:00

海老名市図書館
海老名市図書館

 レンタル大手TSUTAYA(ツタヤ)の運営会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と図書館流通センター(TRC)による指定管理者を導入した海老名市の図書館を巡り、市民2人が指定の取り消しなどを内野優市長に求めた住民訴訟で、横浜地裁(大久保正道裁判長)は30日、「訴えは不適法」として、請求の大部分を却下する判決を言い渡した。

 原告側は、CCCは図書館の指定管理者として不適格で、指定を取り消すよう請求。これに対し、判決は「住民訴訟の各類型のいずれにも該当せず、訴えは不適法」として退けた。

 また、指定管理者導入を前に行われた改修工事にCCCの営業支援を目的とする不必要な工事が含まれ、市に損害を与えたとして5億円の返還を求めた点について、判決は工事が既存施設の老朽化対策として実施されたと認定、「営業支援と認めることはできない」として棄却した。

 原告の男性(75)は「行政側に寄り添った内容で納得できない。即刻、控訴したい」と話した。内野市長は「主張が認められた。今後もより良い図書館となるよう取り組んでいく」とのコメントを発表した。


シェアする