1. ホーム
  2. 話題
  3. 「あじさい寺」鮮やか 川崎の妙楽寺、19日に「まつり」も

「あじさい寺」鮮やか 川崎の妙楽寺、19日に「まつり」も

話題 神奈川新聞  2016年06月11日 11:38

見ごろを迎えた「あじさい寺」妙楽寺のアジサイ
見ごろを迎えた「あじさい寺」妙楽寺のアジサイ

 「長尾の里あじさい寺」として知られる妙楽寺(川崎市多摩区長尾)のアジサイが見ごろとなり、家族連れやアマチュアカメラマンらでにぎわっている。

 境内には約20種千株が植栽され、青や紫など色鮮やかに咲いている。溝江光運住職(75)は「先代が50年くらい前から植え、あじさい寺として知られるようになった。ことしは花の持ちが良いので、19日のおまつりまできれいに咲いていると思う」。同寺に続く道沿いにも植えられており、地域の「長尾の里あじさい保存会」(井田肇会長)が手入れしている。

 19日の「あじさいまつり」では、花の鉢植え無料配布、太鼓演奏、模擬店などが行われる。午前10時~午後3時。小雨決行。問い合わせは、同寺電話044(922)3653。久地駅と登戸駅からコミュニティーバス「あじさい号」が平日・土曜に運行(19日は久地駅から臨時運行)。


シェアする