1. ホーム
  2. 話題
  3. 18歳選挙権で講演会 横浜

18歳選挙権で講演会 横浜

話題 神奈川新聞  2016年06月09日 02:00

若者の政治参加について学ぶ生徒=横浜市青葉区の桐蔭学園
若者の政治参加について学ぶ生徒=横浜市青葉区の桐蔭学園

 7月の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるのを前に桐蔭学園(横浜市青葉区)で8日、「主権者教育~18歳からの選挙権~」と題した講演会が行われ、高校3年生と中等6年生計約千人が若者の政治参加について考えた。

 桐蔭法科大学院の久保利英明教授が、若者も消費税を支払うなど国の財政に貢献している点を確認し、「必要な政策を政治家に要求していくことが大事」と、有権者の自覚を促した。

 その上で、投票率の高い高齢世代を向いている政治「シルバー民主主義」について問題提起。若者の投票率が低い現状を踏まえ、「若者向けの政策に予算が付かない。若い人たちの支持を得ないと落選すると思わせないと政治家の行動は変わらない」と指摘し、「とにかく行動して」と1票の行使を呼び掛けた。

 受講後、生徒(18)は「もっと政治のことを知って、しっかりと候補者を選びたい。若い人が投票することで政治が変われば」と話した。


シェアする