1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 宮みこし威勢よく 横須賀・汐入駅周辺で子之神社大祭 5日まで

宮みこし威勢よく 横須賀・汐入駅周辺で子之神社大祭 5日まで

カルチャー 神奈川新聞  2016年06月05日 10:22

商店街を練り歩く宮みこし=横須賀市の京急線汐入駅前
商店街を練り歩く宮みこし=横須賀市の京急線汐入駅前

 横須賀市汐入町の子之(ねの)神社の大祭が4日、始まった。威勢のいい掛け声とともに宮みこしが京急線汐入駅周辺の商店街を巡り、大勢の見物客でにぎわった。汐入連合町内会(高橋恒治会長)の主催で5日まで。

 4日は宮みこしのみだが、5日は町内のみこし8基が一堂に会する「みこしパレード」が行われる。宮みこしを先頭に、連合青年会による町内会みこし7基が汐入交番前を午後3時に出発。2時間ほどかけて子之神社まで練り歩く。

 連合町内会によると、宮みこしの練り歩きは1906(明治39)年に始まった。戦後は中断したが、77(昭和52)年に復活。高橋会長(75)は「町は大きく変わったが、みこしの伝統を引き継いでいく」と話していた。


シェアする