1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 若きマエストロ就任 文化会館音楽アドバイザー

若きマエストロ就任 文化会館音楽アドバイザー

カルチャー 神奈川新聞  2016年06月04日 10:44

ミュージックアドバイザーに就任した山田和樹さん(秦野市提供)
ミュージックアドバイザーに就任した山田和樹さん(秦野市提供)

 秦野市出身で、国内外から注目を浴びる若手指揮者の山田和樹さん(37)が、市文化会館のミュージック・アドバイザーに就任した。コンサートのプロデュースやトークショーなどで故郷を盛り上げていく。

 山田さんは市立渋沢小学校、同渋沢中学校を卒業。現在はドイツに住み、スイスの管弦楽団の主席客演指揮者や日本フィルハーモニー交響楽団の正指揮者などを務めている。

 市は今年で36年目を迎える文化会館の活性化に向け、世界で活躍する若きマエストロの力を借りる考え。ミュージック・アドバイザーを新設し、6月1日付で山田さんが就任した。

 山田さんは「文化会館は独特の温かみのあるホールになってきた。将来を担う子どもたちが楽しめるような企画を打ち出していきたい」と話しているという。

 9月4日に女性3人組「トリオ・ラ・プラージュ」のコンサートをプロデュース。来年3月20日の「丹沢音楽祭」では、日本フィルを率いてタクトを振るう予定だ。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会