1. ホーム
  2. 社会
  3. 教職員向けにマニュアル 海老名市教委、授業改善に役立てて

教職員向けにマニュアル 海老名市教委、授業改善に役立てて

社会 神奈川新聞  2016年05月30日 16:42

 海老名市教育委員会は児童・生徒の学力アップに向けた授業改善に力を入れている。昨年度、66項目に及ぶ教職員の手引を作成、今年4月には振り返りのチェックシートも作って小中学校の全教職員に配布。手引は学習指導だけでなく、言葉遣いや服装など、子どもたちの模範となることも求めている。

 手引は79ページで年代や経験に関係なく、授業実施者として必要となる気配りや技術、態度などを網羅したのが特徴。例えば、あいさつをする際は「時差をつける」ことで、教師と子どもがお互いの姿が見えるなど、コミュニケーションのポイントを紹介している。

 「子どもは教師の鏡」の項目では、言葉遣いだけでなく文字、服装、表情、行動などあらゆる点で模範になるよう求めている。学力向上につながるノートの取り方や指導法も具体的に解説している。

 手引は校長らベテラン教職員が自らの経験を折り込みながら作成。チェックシートには手引の中で欠かせない20項目を抜粋して掲載、あらためて自己点検してもらうのが目的という。

 また今回、特別支援学級の運営ハンドブック(60ページ)も作成した。

 市教委教育支援課は「学校現場は近年、中堅が減り若手の割合が相対的に増えている。研修の機会が少ない非正規教職員も1割を超えており、こうした手引を活用する重要性が高まっている」と話している。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会