1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「再発防止策は  米軍基地撤去」 沖縄事件で共産・市田氏

「再発防止策は  米軍基地撤去」 沖縄事件で共産・市田氏

政治行政 神奈川新聞  2016年05月28日 10:17

「立憲主義を破壊する安倍政権にはお引き取りいただく」と訴える共産党の市田副委員長=27日夜、鎌倉市大船
「立憲主義を破壊する安倍政権にはお引き取りいただく」と訴える共産党の市田副委員長=27日夜、鎌倉市大船

 共産党の市田忠義副委員長は27日、鎌倉市内で演説し、沖縄県で米軍属が逮捕された女性遺体遺棄容疑事件について「米軍に何度綱紀粛正を求めても変わらない。基地があるがゆえに起きる犯罪」と指摘し、「最大の再発防止策は日本から米軍基地を撤去することだ」と訴えた。

 夏の参院選に関しては、市田副委員長は安全保障関連法の廃止を最大の争点と位置付け、「『自公とその補完勢力』対『4野党と市民』」と強調。全国32ある改選1人区での野党統一候補擁立の調整は「(佐賀選挙区の)あと一人」と述べ、野党の結束を訴えた。


シェアする