1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 横須賀・旧婦人会館敷地 市が売却を発表

横須賀・旧婦人会館敷地 市が売却を発表

カルチャー 神奈川新聞  2016年05月27日 02:00

売却が発表された旧横須賀市立婦人会館跡地 =3月下旬、同市馬堀町
売却が発表された旧横須賀市立婦人会館跡地 =3月下旬、同市馬堀町

 横須賀市は26日、3月末で廃止した市立婦人会館(同市馬堀町1丁目)の跡地約2210平方メートルを売却すると発表した。築100年超とされる建物の解体を条件に今夏、一般競争入札を実施する予定だ。最低売却価格は1億8070万円。

 旧会館は京急線京急大津駅徒歩5分。明治期の庭園付き別荘を改修した珍しい公共施設として市民らに親しまれたが、木造2階建ての建物が老朽化。近くの大津行政センター(同市大津町)の移転、新築に合わせて機能を移し閉館していた。


シェアする