1. ホーム
  2. 社会
  3. 「基地外」発言を防衛相が苦言

「基地外」発言を防衛相が苦言

社会 神奈川新聞  2016年05月25日 02:00

 「使用すべきでない」

 自民党の小島健一県議が沖縄で在日米軍基地への反対運動をする人たちを「基地の外にいる方ということで『基地外(きちがい)の方』と呼んでいる」と発言したことに関し、中谷元防衛相は24日の衆院安全保障委員会で「詳細を承知していないが、『きちがい』という用語は一般的に好ましくなく、使用すべきでないと考える」と苦言を呈した。沖縄県選出の社民党・照屋寛徳衆院議員の質問に答えた。

 照屋氏は同委で小島氏の発言を「差別用語を使って非難することは断じて許せない」と指弾。「情けなく、怒り心頭だ。米軍基地負担の犠牲に苦しむ沖縄県民の気持ちをまったく理解しない暴言だ」と憤った。

 民進党の緒方林太郎衆院議員も同委でこの問題を取り上げ、「口に出すのもはばかられる。問題発言ではないか」と指摘した。 


シェアする