1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 丹沢山・ブナ、芽吹き迎え新緑の輝き

丹沢山・ブナ、芽吹き迎え新緑の輝き

カルチャー 神奈川新聞  2016年05月21日 14:03

芽吹きを迎えた堂平のブナ林=丹沢山
芽吹きを迎えた堂平のブナ林=丹沢山

 丹沢の「母なる木」ブナが、芽吹きの時期を迎えた。丹沢山東側斜面、標高1100メートル付近に位置する堂平(清川村宮ケ瀬)の群生地では新緑の輝きが増している。

 堂平のブナは「かながわの美林50選」に数えられ、貴重な自然が残されている。高さは平均で20メートルを超えており、白緑色の幻想的な景色を見せている。

 衰退問題を抱える丹沢のブナ林だが、県の調査研究でその原因が昨年解明され、再生の取り組みが本格化している。


シェアする