1. ホーム
  2. 経済
  3. 遺言信託2千件に JA県信連

遺言信託2千件に JA県信連

経済 神奈川新聞  2016年05月20日 02:00

 県信用農業協同組合連合会(JA県信連)が取り扱う遺言信託と遺産整理の新規受託件数が16日、2千件に達した。遺言信託には、遺言の作成・保管をする管理コースと、遺言の開示や執行まで行う執行コースがある。遺産整理では、遺産分割協議書の作成をサポートし、資産の名義変更を代行しているという。

 2006年4月に同業務に参入後、受託件数は年々伸び、13年に千件を達成。以後毎年300件以上の新規受託がある。昨年1月には相続税制が改正され、相続・遺言への関心が高まっている。

 県信連相続遺言・信託センターは「相続を“争族”にしないためにも、多くの組合員に遺言信託を利用してもらいたい」と話す。


シェアする