1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 北條理事長退任へ 川崎市文化財団

北條理事長退任へ 川崎市文化財団

政治行政 神奈川新聞  2016年05月19日 15:00

北條秀衛氏
北條秀衛氏

 川崎市文化財団は18日、理事会を開き、北條秀衛理事長(69)が今期限りで退任することを決めた。今月25日で退き、26日の理事会で新理事長が選出される予定。

 北條氏は市総合企画局長として「音楽のまちづくり」に取り組み、教育長退任後、2006年6月に同財団副理事長に就任。公益財団法人化した11年4月から3期にわたり理事長を務めてきた。

 同財団はミューザ川崎シンフォニーホールや市アートセンターなどの指定管理者となっているほか、さまざまな舞台芸術や公演、企画展を開催している。

 北條氏は、11年の東日本大震災で天井の一部が崩落し、2年間の休館を余儀なくされたミューザの再建や苦境期の運営に手腕を発揮。川崎・しんゆり芸術祭やかわさきジャズなどの創設にも関わり、地域の芸術文化の普及にも尽力した。

 神奈川新聞社の取材に対し「ミューザなどの指定管理者に引き続き選定され、大きな文化芸術イベントも定着してきた。20年の東京五輪に向け、新たな体制で取り組むためにも交代すべきタイミングと考えた」としている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地