1. ホーム
  2. 話題
  3. 【久保京子のきれい通信】ギャラリー散歩のすすめ

好奇心を楽しく刺激
【久保京子のきれい通信】ギャラリー散歩のすすめ

話題 神奈川新聞  2016年05月15日 19:12

日産グローバル本社ギャラリーにて、コンシェルジュの吉田真美さんと。ギャラリーまでは横浜駅・中央通路からみなとみらい21地区方面へ約7分。http://www.nissan.co.jp/GALLERY/HQ/
日産グローバル本社ギャラリーにて、コンシェルジュの吉田真美さんと。ギャラリーまでは横浜駅・中央通路からみなとみらい21地区方面へ約7分。
http://www.nissan.co.jp/GALLERY/HQ/

 身も心も軽やかに、お出かけにもってこいの季節。皆さまお元気ですか? こんにちは、久保京子です。

 初夏の陽気に誘われてやってきたのは、「日産グローバル本社ギャラリー」です。

 実は私、相当な車好き。20歳で運転免許証を取ってから40年、毎日のようにハンドルを握っていますし、旅先でもレンタカーを借りてわれ先に運転しちゃうほど。おまけに現在の愛車は日産キューブ! それなのに地元にあるこのギャラリーに足を踏み入れたことがなかったのです。楽しみ方が分からなかったのですね……。


ガラスの向こうにベイクォーターをのぞむ開放的な空間。展示の車をじっくり見るもよし、窓辺のカフェで一休みするもよし
ガラスの向こうにベイクォーターをのぞむ開放的な空間。展示の車をじっくり見るもよし、窓辺のカフェで一休みするもよし

 コンシェルジュの吉田真美さんの案内で、まずは以前から興味のあった電気自動車の展示コーナーへ(ここで日産リーフに乗り込み、充電について気になるあれこれを質問)。自分にとってエコなだけでなく、社会全体にとってエコだということを学び、ますます好奇心を刺激された私。次回はぜひ試乗して本欄でリポートしたいと思います。乞うご期待!


実物大で描かれた日産の名車の前で
実物大で描かれた日産の名車の前で

 「日産ブティック」には、センスのいいオリジナルグッズがそろっています。お土産を選ぶ外国人にも大人気とか。見逃したくないのが31日まで開催中の「サニー50周年展示イベント」。1966年の初代からの歴代車が、会期中に何度か入れ替わりで登場するそうですよ。そして展示ホールの裏側に回ると、そこにはとっても楽しいスペースが。歴代車の実物大の絵やミニカーをゆっくり見て回れる博物館のようになっているのです。いすもたくさん並び、疲れたらひと休み。授乳室まであって、バギーカーを押すママ友同士とおぼしき来場者が多いのもうなずけますね。


チョイモビ(日産ニューモビリティコンセプト)に試乗
チョイモビ(日産ニューモビリティコンセプト)に試乗

 同じギャラリーでも美術館と違ってここはアクティブに楽しめるのが魅力。私も今日は日産のカラーを意識して赤のノースリーブニットを着てきましたが、空間に合わせたファッションでギャラリー散歩するのも、楽しむ秘訣(ひけつ)だと思います。皆さまもぜひ、地元のギャラリー散歩を楽しんで、好奇心を刺激してください。

くぼ・きょうこ モデル。19歳でデビューし雑誌やCMで活躍。モデル経験を生かして靴や時計、バッグなど多岐にわたり商品開発に携わるプロダクト・プランナー。2007年にベストジーニスト賞。著書に「わたしたちは、こんな服を着てきた」(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)。江戸川大客員教授。横浜市在住。


「ここは穴場スポットね!」とギャラリー裏手のヘリテージコリドーでミニカーのコレクションに見入る筆者
「ここは穴場スポットね!」とギャラリー裏手のヘリテージコリドーでミニカーのコレクションに見入る筆者

シェアする