1. ホーム
  2. 社会
  3. 「あちこちに活断層」 連鎖地震~熊本の教訓(1)

「あちこちに活断層」 連鎖地震~熊本の教訓(1)

社会 神奈川新聞  2016年05月15日 02:00

熊本県益城町内で地表に出現した断層=4月17日(共同通信社ヘリから)
熊本県益城町内で地表に出現した断層=4月17日(共同通信社ヘリから)

 「活断層が地元にあったなんて。地震が起きてからニュースで初めて知った」

 震度7の激しい揺れに2度も見舞われた熊本県益城町。自宅の基礎が損傷し、避難生活を余儀なくされている主婦吉川リエ子さん(82)は自戒を込めて言う。「こんなに大きな地震が起きるとは思っていなかった。だから備えてもいなかった」

 なお収まらぬ余震におびえながら、被災地の人々は身近な「直下型」のリスクに目を向けてこなかったことを悔いている。吉川さんと同じ避難所に身を寄せる主婦小島美枝子さん(66)も、「活断層があるのは知っていたけれど、海は遠いし、周囲に山はないので、津波も土砂崩れも心配していなかった。正直、地震は人ごとだった」。

 東京経済大の吉井博明名誉教授は、人々が不意を突かれた背景を読む。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする