1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 希少な深海サメ ラブカの受精卵を八景島で展示

希少な深海サメ ラブカの受精卵を八景島で展示

カルチャー 神奈川新聞  2016年05月10日 16:00

 横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)で、「生きた化石」とも呼ばれる深海のサメ「ラブカ」の受精卵が展示されている。

 2月末、相模湾沖の水深270メートルの刺し網で雌が捕獲され、同館に搬入されたが3日後に死亡。腹部に膨らみがあり、検査後に解剖した結果、成熟卵4個が確認された。

 同館は水槽に1個ずつ入れて観察を続けてきた。現在、仔魚(しぎょ)は2センチほどに成長。広報担当は「ラブカの受精卵はベテラン飼育員でも見る機会は少ない。深海生物の知られざる生態をぜひ観賞してほしい」と話している。問い合わせは、同館電話045(788)8888。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕