1. ホーム
  2. 選挙
  3. 小林節さんが立候補表明 参院選で政治団体設立へ

小林節さんが立候補表明 参院選で政治団体設立へ

選挙 神奈川新聞  2016年05月10日 02:00

 安全保障法制を「違憲」として廃止を訴える憲法学者の小林節慶応大名誉教授(67)=横浜市港北区=が9日、夏の参院選に向け政治団体「国民怒りの声」を設立し、自らも比例代表で立候補すると表明した。「安倍政権の暴走を止める」を旗印にインターネットで公募し、比例で10人の候補擁立を目指す。

小林節・慶大名誉教授が会見で配布した直筆の設立宣言(PDF)


 都内で会見した小林さんは「民進、共産党に投票する気にならない有権者の代弁者となるため、第三の旗を立てる」と説明。野党の統一名簿構想を呼び掛けていたが、一部議員の反対で団体設立を決意したとし、無党派層の受け皿づくりを目指す考えを示した。

 現時点の立候補予定は小林さんのみだが、公選法で政党に準じた選挙運動が可能な「確認団体」になるため、10人の候補擁立を目標とする。供託金や選挙資金はネットで寄付を募る。

 「国民怒りの声」の基本政策は、憲法改悪の阻止▽安保法廃止と労働法制の改正▽原発廃止▽言論の自由の回復(メディアへの不介入)-など7項目。統一名簿構想が実現すれば出馬を取り下げる可能性があるとし、選挙区の野党統一候補の推薦要請にも応じるとした。若者グループ「SEALDs(シールズ)」などとの連携は、政策が一致すれば協調する考えを示した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする