1. ホーム
  2. 選挙
  3. 「勝ちたいなら市民が頑張れ」 亀井氏が集会でげき

「勝ちたいなら市民が頑張れ」 亀井氏が集会でげき

選挙 神奈川新聞  2016年05月08日 02:00

「歴史は市民がつくる」と話す亀井議員
「歴史は市民がつくる」と話す亀井議員

 元金融担当相の亀井静香衆院議員は7日、横浜市西区で行われた市民集会で「歴史は市民一人一人がつくっていくものだ。参院選で(政府与党に)勝ちたいなら、市民が頑張らないといけない」と訴えた。

 亀井氏は「国民は自民党を支持しているわけではない。しかし、野党は国民が心を打つようなものを持っていないので無党派層がついてこない」と指摘。特に野党第一党の民進党には「本気で政権を取ろうとしていない」と苦言を呈した。

 その上で「市民が候補者を集めて品定めすればいい。徹底的に化けの皮をはぎ、だれを当選させればいいか見定めてほしい」と話した。亀井氏は参院選比例選での野党統一名簿構想を掲げているが、民進党は不参加の方針を示している。


シェアする