1. ホーム
  2. 話題
  3. ツガルさんの頭骨も初公開 横浜市立野毛山動物園でホネ展

ツガルさんの頭骨も初公開 横浜市立野毛山動物園でホネ展

話題 神奈川新聞  2016年05月04日 02:00

同園で長い間愛されたフタコブラクダ「ツガル」さんの頭骨(手前)も展示された「The ホネ展」=野毛山動物園
同園で長い間愛されたフタコブラクダ「ツガル」さんの頭骨(手前)も展示された「The ホネ展」=野毛山動物園

 横浜市西区の市立野毛山動物園で、動物の骨格標本を展示した「The ホネ展」が開かれている。5日まで。

 動物の体の仕組みを知ってもらおうと、同園ボランティア「ZOOのげやま探検隊」が主体となって、2009年から開催。

 かつて同園で飼われていた動物や本物そっくりのレプリカなど、魚類、両生類、爬虫(はちゅう)類、鳥類、ほ乳類約50点の骨を展示。2年前に推定年齢38歳で死亡したフタコブラクダ「ツガル」さんの頭骨も初公開されている。

 ボランティアらはオランウータンの手の骨を見せながら、「指が人間より長いのは木につかまりやすいようにするため」などと説明。ジャコウウシの頭骨に触った子どもは「角が大きい」と笑顔をみせていた。

 同園は入場無料。ホネ展は午前11時~午後4時。同展期間中の開園時間は、午前9時~午後5時(入園は午後4時半まで)。問い合わせは、同園電話045(231)1307。


シェアする