1. ホーム
  2. 社会
  3. 信号無視し衝突事故 地検小田原支部、29歳男を起訴

信号無視し衝突事故 地検小田原支部、29歳男を起訴

社会 神奈川新聞  2016年04月29日 13:44

 伊勢原市で昨年12月、オートバイの男性(62)が乗用車と衝突し死亡した事故で、横浜地検小田原支部は28日、乗用車を運転していた会社員の男(29)=同市=を自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の罪で起訴した。同支部は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、被告は昨年12月20日午前、同市の県道で、赤信号で停止中の車両を対向車線にはみ出して追い越し、交差点に進入。右から直進してきたオートバイと衝突し、男性に重傷を負わせ、今年3月7日に蘇生後脳症で死亡させた、とされる。


シェアする