1. ホーム
  2. 社会
  3. 箱根名物復活 黒たまごの販売 1年ぶりに再開

箱根名物復活 黒たまごの販売 1年ぶりに再開

社会 神奈川新聞  2016年04月28日 13:57

黒たまごを購入する観光客ら=くろたまご館4
黒たまごを購入する観光客ら=くろたまご館4

黒たまごを購入する観光客ら=くろたまご館4
黒たまごを購入する観光客ら=くろたまご館4

 箱根山・大涌谷周辺の火山活動活発化の影響で製造・販売が中止となっていた箱根名物「黒たまご」が28日、復活した。約1年ぶりの“対面”に待ちかねた観光客らは、行列をつくり、箱根の味を楽しんだ。

 黒たまごは奥箱根観光が大涌谷の温泉池で製造している箱根名物。火山活動活発化の影響で大涌谷周辺の立ち入りが規制されるなどしたことから、昨年5月から製造・販売を中止していた。

 この日は同社が経営していた箱根町仙石原の旅館をリニューアルした土産物店「くろたまご館4」で計約千袋分を販売した。同社の梁瀬雅之営業部長(58)は「販売を再開できて感無量」。5袋購入した静岡県に住む主婦横山多恵子さん(65)は「また食べられるようになってうれしい」と笑みを浮かべた。

 黒たまごは1袋500円(税込み)で▽午前11時▽午後1時▽同3時-ごろに販売される予定。


製造場所の大涌谷から届いた黒たまご=箱根町仙石原
製造場所の大涌谷から届いた黒たまご=箱根町仙石原

製造・販売が再開された箱根名物「黒たまご」=くろたまご館4
製造・販売が再開された箱根名物「黒たまご」=くろたまご館4

「販売の再開を待ちわびていた」と喜ぶ観光客=箱根町仙石原
「販売の再開を待ちわびていた」と喜ぶ観光客=箱根町仙石原

黒たまごを袋詰めするスタッフ=くろたまご館4
黒たまごを袋詰めするスタッフ=くろたまご館4

シェアする