1. ホーム
  2. 話題
  3. 地元の直売所知って セレサ川崎がマップ作製

地元の直売所知って セレサ川崎がマップ作製

話題 神奈川新聞  2016年04月27日 02:00

川崎市内の農産物直売所を一覧掲載しているマップ
川崎市内の農産物直売所を一覧掲載しているマップ

 地場の新鮮な農産物が手に入る川崎市内の直売所を知ってもらおうと、JAセレサ川崎が初めてマップを作製した。個人や共同の直売所177カ所や、地元の伝統野菜も紹介している。

 マップには、幸・中原・高津・宮前・多摩・麻生の6区にある直売所を掲載。生産者の名前と営業日、営業時間、季節ごとの販売品目が分かり、農産物の写真や地図も添えている。

 地元ブランドの名産品も一挙に紹介。大正時代は関東の梨の一大産地だったが、工業化や戦争の影響で栽培が減少しながらも守り続けている「多摩川梨」や、日本最古の甘柿とされ、ワインも販売している「禅寺丸柿」など、栽培の歴史やこだわりを知ることができる。JAセレサ川崎は「身近な直売所に足を運び、地元の農産物に親しんでほしい」とPRしている。

 マップは各区役所と図書館、JAセレサ川崎の本支店で閲覧でき、JAのホームページでも公開予定。問い合わせは、JAセレサ川崎営農部電話044(877)2114。


シェアする