1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 今年も「音霊」 由比ガ浜で7・8月に開催

今年も「音霊」 由比ガ浜で7・8月に開催

カルチャー 神奈川新聞  2016年04月26日 14:42

音霊のライブ(昨年) =鎌倉市由比ガ浜
音霊のライブ(昨年) =鎌倉市由比ガ浜

 逗子市出身の歌手・クレイ勇輝が経営する海の家兼ライブハウス「音霊(おとだま) OTODAMA SEA STUDIO」が今夏も由比ガ浜海水浴場に設けられる。ことしはガールズグループのオーディションを初開催。指紋認証で飲み物やグッズが購入できる「Liquid Pay」の導入など新たな試みも行う。

 音霊が誕生したのは2005年。クレイが所属していた音楽デュオ「キマグレン」が逗子海水浴場に開設した。オープン当時はまったく人が集まらず、「借金ばかりが増えていった」(クレイ)。次第に参加アーティストや来場者が増え、ひと夏で4万5千人を動員する一大イベントとなった。2014年からは場所を由比ガ浜に移し、ことしも7月1日から8月31日までの間、連日熱いライブが行われる予定だ。

 18日に行われたキックオフイベントでは、出演アーティスト第1弾としてシンガー・ソングライターの平井大や歌手のMay J、音楽ユニット「スキマスイッチ」らの名前が発表された。

 イベントでは夏を代表する女性アーティストを生み出そうと企画されたオーディション「OTODAMA COLLECTION」の告知も。グランプリに輝くとCDデビューや音霊でのワンマンライブの権利が得られるとあって、すでに多数の応募が寄せられている。

 「12年目だけど、初心にかえって仲間たちと一緒に企画を楽しみたい」とクレイ。「夏に一回音霊行ってみようか、となったらうれしい」と来場を呼び掛けた。

 問い合わせは、OTODAMA運営事務局電話046(870)6040。 


シェアする