1. ホーム
  2. 話題
  3. 「アサヒ」が仲間入り 野毛山動物園

「アサヒ」が仲間入り 野毛山動物園

話題 神奈川新聞  2016年04月23日 12:00

ベストを着たような黒色の体毛が特徴的なミナミコアリクイ=野毛山動物園
ベストを着たような黒色の体毛が特徴的なミナミコアリクイ=野毛山動物園

 開園65周年を迎えた横浜市立野毛山動物園(同市西区)にミナミコアリクイの「アサヒ」が仲間入りし、一般公開されている。暖かくなるまでは室内展示の予定で、担当者は「5月中旬ごろに屋外展示できるのではないか」と話している。

 同園によると、ミナミコアリクイは体重40キロになるオオアリクイと違い、体長53~88センチ、体重3.5~8.5キロ。肩から尾の付け根にかけてベストを着ているような黒色の体毛が特徴的で、40センチほどの細長い舌でアリやハチなどを食べる。

 サンシャイン水族館から仲間入りしたアサヒ(雄、1歳)は3月14日に来園。2014年5月に推定38歳で死んだフタコブラクダのツガルがいた獣舎を改修して使用し、ペットフードやヨーグルトなどを混ぜた餌で5.6キロまで成長した。眠くなるとどこでも寝るマイペースな性格という。

 午前9時半~午後4時半開園。入場無料。月曜休園。問い合わせは同園電話045(231)1307。


飼育員に後ろから抱えられた姿がかわいいと評判のミナミコアリクイ=野毛山動物園
飼育員に後ろから抱えられた姿がかわいいと評判のミナミコアリクイ=野毛山動物園

細長い舌が特徴的なミナミコアリクイ。ミミズを食べているわけではない=野毛山動物園
細長い舌が特徴的なミナミコアリクイ。ミミズを食べているわけではない=野毛山動物園

シェアする