1. ホーム
  2. 社会
  3. 横須賀基地解雇無効 判決不服で国側が控訴

横須賀基地解雇無効 判決不服で国側が控訴

社会 神奈川新聞  2016年04月23日 11:25

 米海軍横須賀基地(横須賀市)の元従業員の男性(52)がパワーハラスメントを理由に解雇されたのは不当として国に雇用継続などを求めた訴訟で、国は22日、未払い賃金や慰謝料の支払いを命じた横浜地裁横須賀支部判決を不服として、東京高裁に控訴した。

 判決によると、男性は2011年、部下への暴力などを理由に出勤停止となり、13年5月に解雇された。しかし同支部は、暴行や暴言を受けたとする従業員の供述を裏付ける客観的証拠はないとし、未払い分の賃金とボーナス、慰謝料50万円の支払いを命じた。

 南関東防衛局は「国の主張に理解が得られなかったので、控訴した」としている。


シェアする