1. ホーム
  2. 社会
  3. 熊本地震 物資輸送の横浜市職員帰庁

熊本地震 物資輸送の横浜市職員帰庁

社会 神奈川新聞  2016年04月21日 02:00

熊本市内に支援物資を輸送した横浜市職員=横浜市役所
熊本市内に支援物資を輸送した横浜市職員=横浜市役所

 熊本県を中心に相次いでいる地震で、指定都市市長会(会長・林文子横浜市長)の要請を受け支援物資輸送にあたっていた市職員が20日、市役所に帰庁した。

 市によると、17日午後7時45分ごろ、水缶36万缶やパンなどの食料31万5千食、トイレパック40万個をトラックなど計4台に積み、9人で同市金沢区を出発。約25時間後の18日午後8時25分ごろ、熊本市内の熊本県民総合運動公園に到着した。

 「早く物資を届けたい思いでいっぱいだった」という市緊急対策課の尾崎哲郎担当課長(42)は、「食料よりも割り箸や器などが足りないと言っていた」と現地の様子を説明。「後ろ髪を引かれる思いで帰ってきた。早い復旧を願っています」と話した。


シェアする