1. ホーム
  2. 話題
  3. 桜漬け じっくりと作業最盛期

桜漬け じっくりと作業最盛期

話題 神奈川新聞  2016年04月21日 02:00

八重桜に塩を加え、桜漬けを作る地元の主婦ら=秦野市千村
八重桜に塩を加え、桜漬けを作る地元の主婦ら=秦野市千村

 八重桜の里として知られる秦野市千村地区で、八重桜の塩漬け「桜漬け」の漬け込みが最盛期を迎えている。

 その日に摘んだばかりの七分咲きの花をたるに入れ、地元の主婦岩佐スエ子さん(77)らが塩と梅酢を加えた後、足で踏み込んでいく。じっくり漬け込み、6月ごろから出荷するという。

 市によると、同地区には約2500本の八重桜がある。年間出荷量は15~20トンで、全国シェアの7~8割を誇る。


八重桜に塩を加え、桜漬けを作る地元の主婦ら=秦野市千村
八重桜に塩を加え、桜漬けを作る地元の主婦ら=秦野市千村

シェアする