1. ホーム
  2. 横浜みなと新聞
  3. みなと&わたし:水辺通して町が復活

みなと&わたし:水辺通して町が復活

横浜みなと新聞 神奈川新聞  2016年04月18日 16:08

川の駅「大岡川桜桟橋」
川の駅「大岡川桜桟橋」

 横浜港とつながる運河だった大岡川が、いつの間にか市民から遠い存在となっていた。転機となったのは、黄金町地区に密集していた違法風俗店の環境浄化作戦。地域活性化の一環で9年前、親水施設「大岡川桜桟橋」が誕生した。

 「水辺を通してにぎわいのある町に復活できた」。大岡川川の駅運営委員会副委員長の小林直樹さん(50)は笑顔を見せる。

 10人乗り手こぎボート「Eボート」を導入し災害時に物資を運べるように地域ぐるみで練習した。今ではスタンドアップパドルボード(SUP)など新たな水上スポーツの拠点に。

 「SUPをこいでから出勤するサラリーマンがいる。水辺がある生活が、市民のライフスタイルとして定着しつつあるのかな」


シェアする