1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 【動画】藤沢駅前で憲法争議 改憲賛成・反対派が街宣

【動画】藤沢駅前で憲法争議 改憲賛成・反対派が街宣

政治行政 神奈川新聞  2016年04月14日 02:00

 憲法改正を巡り賛成、反対の立場を取る市民団体が13日、JR藤沢駅前で“憲法争議”を展開した。

 憲法改正を目指す市民団体「美しい日本の憲法をつくる国民の会」は午後1時すぎから3時間、街宣活動を行った。マイクを握った中野長司さん(65)は「いまの憲法は米軍によって作られた押し付け憲法。素人集団が作ったため、日本の歴史や伝統が否定された。自主憲法を作らなければならない」と主張。約10人の参加者とビラ配りや署名活動を行った。

 一方、立憲主義を否定する改憲に反対の立場からは「安保関連法に反対するママの会」や「ふじさわ・九条の会」などのメンバー約100人が参加。「安倍政権は憲法学者が違憲とした安全保障関連法案を押し通した。憲法順守義務がある大臣や議員が守らないのは許せない」「東日本大震災で緊急事態条項がなかったから命を救えなかったというのはでたらめ。震災をだしにした改憲はやめて」と訴えた。

 街中で突如沸き起こった憲法論議に、警察署員が交通整理する場面もあった。各団体は憲法記念日に向け、定期的に街頭活動をするという。


憲法改正について賛成派、反対派が街宣活動を行った=JR藤沢駅前
憲法改正について賛成派、反対派が街宣活動を行った=JR藤沢駅前

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会