1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 白い花揺れる ハマダイコン 多摩川周辺

白い花揺れる ハマダイコン 多摩川周辺

カルチャー 神奈川新聞  2016年04月14日 02:00

多摩川の堤防などで白いじゅうたんのように群生して咲くハマダイコン=川崎市中原区
多摩川の堤防などで白いじゅうたんのように群生して咲くハマダイコン=川崎市中原区

 多摩川下流の河川敷や堤防に群生するハマダイコンの白い花が咲き乱れ、じゅうたんのようになっている。

 アブラナ科ダイコン属の植物で、花は白や薄い紫色。花や葉は大根にそっくりだが、根は細い。多摩沿線道沿いの堤防では、幸区から中原区にかけて特に多く見られる。かわさき宙と緑の科学館職員の永井一雄さんは「浜に生えるといわれるハマダイコンがなぜ、こんなに増えたのかは分からない。ひょっとしたら亜種かもしれない」という。

 この時期、市内の上流では同じアブラナ科のセイヨウカラシナの黄色い花が主流で、下流とは一味違う景色が広がる。


シェアする