1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜市民防災センター改修 災害時の対処法体験

横浜市民防災センター改修 災害時の対処法体験

社会 神奈川新聞  2016年04月09日 15:24

地震と火災発生の想定に身を守る参加者=市民防災センター
地震と火災発生の想定に身を守る参加者=市民防災センター

 災害の実態や対処法を体験しながら学ぶ横浜市民防災センター(神奈川区沢渡)が1日、リニューアルオープンした。総額約8億円の改修費を投じた新センターの目玉は、災害発生から避難までの動きを実践する「減災トレーニングルーム」。いざという時、的確に身を守ることができるのか-。県内初導入の最新設備を記者が体験した。

 「神奈川県東部で地震発生」。記者を含む参加者6人でテレビを見ていると突然、緊急地震速報が鳴り響く。即座にテーブル下に逃げ込む。

 電気が消えて「ガシャン」と皿が割れる音が鳴り、皿や本などが落下して散らばる映像が壁や床に映し出される。持ち出し袋からヘルメットを取り出し、子どもにかぶせる。

 「ストーブから火が出ています」というアナウンスが響き、「パチパチ」という音とともに白壁が赤く染まった。「消火器は」「玄関の近くだ」-。夢中で“消火”していると、瞬く間に5分が過ぎた。

 終了後、センター職員は「速報が出たらすぐにブレーカーを落とし、火元を消さないと火災の原因になります」。記者の減災初体験は失敗…。ガラスの飛散防止のためカーテンを閉めることも重要だが、いずれも動転してできなかった。何より大切なのは、二次災害の原因を絶つことと、改めて自分に言い聞かせた。

 このほか「地震シミュレーター」は東日本大震災と同様の揺れを体験でき、「災害シアター」ではマグニチュード8の地震発生時の横浜の被害状況が一面に映し出される。市内各地の被害想定を一覧できる「ハザードマップ」や、ゲーム形式で消火器の使い方が学べる火災シミュレーターなども備えている。

 入場無料(月曜休館)。午前9時半~午後5時。問い合わせは、同センター電話045(411)0119。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】記録的豪雨の箱根、被害甚大 芦ノ湖が増水

  4. 【台風19号】のり面崩壊、PAにも被害 西湘バイパス

  5. 電通局長を現行犯逮捕 ラグビー観戦後、警備員殴った容疑

  6. 【台風19号】箱根、深い爪痕 続く運休、芦ノ湖水位上昇

  7. ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

  8. 【台風19号】川に転落の男性、遺体で発見

  9. 【台風19号】浸水、水没、横転… 相模川沿岸、被害多発

  10. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ