1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 夜桜復活 渋田川で2年ぶりに

夜桜復活 渋田川で2年ぶりに

カルチャー 神奈川新聞  2016年04月04日 02:00

2年ぶりに復活した渋田川の夜桜=平塚市西真土の鷹匠橋付近
2年ぶりに復活した渋田川の夜桜=平塚市西真土の鷹匠橋付近

 平塚市内を流れる渋田川沿いで、地域住民らが育てた約500本の桜をめでる「第17回渋田川桜まつり」が3日、同市西真土の鷹匠(たかじょう)橋上流約400メートルの両岸を会場に開かれた。昨年は中止したライトアップが2年ぶりに復活。風に揺れるちょうちんが、咲き誇る花を幻想的に照らした。

 昨年は電線などが盗難に遭い、付近でも同様な被害が発生した影響もあってライトアップを中止。これを報道で知った福島県喜多方市の商店街から昨夏に中古電線の寄贈を受けたが、ことしも電線1600メートル分などが盗まれたことが開催直前に分かった。近隣団体の厚意などで約16万円を集め、開催に間に合わせた。

 主催した21渋田川プロムナードプラン推進協議会の岸文雄会長(73)は「昨年の反響もあり、ことしも中止するわけにはいかなかった。夜桜の風流が分からないような人に負けていられない」と話し、意地の“夜桜復活”を強調した。


シェアする