1. ホーム
  2. 社会
  3. 厚木市で爆竹入り郵便物破裂 脅迫容疑で捜査

厚木市で爆竹入り郵便物破裂 脅迫容疑で捜査

社会 神奈川新聞  2016年04月03日 01:41

 2日午後7時15分ごろ、厚木市の会社員の男性(43)から「郵便物を開けたら何かが爆発した」と110番通報があった。男性にけがはなかった。厚木署が脅迫事件として調べている。郵便物はA4判の封筒に入った紙製の箱で、中に爆竹が少なくとも数十本入れられていたという。

 同署などによると郵便物は男性宛てで、送り主の名前は書いていなかった。男性が封筒から箱を取り出して開封したところ、爆竹が破裂したという。箱にはリード線のようなものも入っていたといい、同署は爆竹が破裂する仕掛けがされていたとみて詳しく調べている。

 男性は以前から、車のタイヤをパンクさせられたり、誹謗(ひぼう)中傷が書かれた手紙が届いたりするなど嫌がらせを受けており、2014年から年に1、2度、同署に相談していた。直近の相談は昨年11月だったという。

 男性宅は5人家族。


シェアする