1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 闇夜浮かぶ桜並木 相模原

闇夜浮かぶ桜並木 相模原

カルチャー 神奈川新聞  2016年03月31日 02:00

ライトアップされた市役所さくら通りの桜並木=相模原市中央区中央
ライトアップされた市役所さくら通りの桜並木=相模原市中央区中央

 春の到来を楽しむ「第43回相模原市民桜まつり」が4月2日から始まるのを前に、相模原市中央区中央の「市役所さくら通り」の桜並木でソメイヨシノのライトアップが行われている。30日現在は五分咲きで、淡いピンクの花が闇夜に浮かび上がっている。

 ライトアップは、国道16号相模原署前交差点から税務署入り口交差点までの約350メートルで実施。市電設協会がライト50基を無償で設置し、協力している。点灯は4月5日までの午後6時から同10時まで。

 市民桜まつりは同2~3日、市役所さくら通りをメーン会場に実施。パレードやステージイベント、各種食べ物を販売する模擬店の出店が予定されている。


シェアする