1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 環状4号・上瀬谷区間が開通 渋滞緩和へ地元期待

環状4号・上瀬谷区間が開通 渋滞緩和へ地元期待

政治行政 神奈川新聞  2016年03月29日 02:00

開通した上瀬谷地区の環状4号=横浜市瀬谷区
開通した上瀬谷地区の環状4号=横浜市瀬谷区

 都市計画道路環状4号の上瀬谷地区部分約450メートルが28日、開通した。渋滞緩和とともに米軍施設の跡地利用の第一歩として期待も高まる。

 これまでは、環状4号は同区間を挟んで南北が途切れるような形になっていた。通行するためには、市道五貫目33号線(八王子街道)を経由する必要があり、八王子街道と海軍道路(環状4号)の交差点付近で慢性的な渋滞を招いていた。

 事業は2012年度に開始。両側に歩道を設け、幅員は18~25メートル。総事業費は7億8600万円を見込む。

 環状4号は横浜市金沢区六浦1丁目を起点とし、青葉区鉄町に至る約36・6キロ。同区間の完成で、国道1号と交差する原宿交差点(戸塚区)北側の約23・2キロが開通した。

 新道路は昨年6月に返還された米軍上瀬谷通信施設の一部。瀬谷北部町内連合会の奥津敏雄会長は「長年の懸案だった渋滞問題が解決に向かい、非常に喜んでいる。基地の跡地利用にも弾みがつく」と話していた。


シェアする