1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 横浜市議36年、筋道貫き 嶋村氏の叙勲祝賀会

横浜市議36年、筋道貫き 嶋村氏の叙勲祝賀会

政治行政 神奈川新聞  2016年03月28日 02:00

感謝の言葉を述べる嶋村氏(左)=横浜市港北区のホテル
感謝の言葉を述べる嶋村氏(左)=横浜市港北区のホテル

 嶋村勝夫・元横浜市会議長(75)の旭日中綬章受章祝賀会が27日、横浜市港北区のホテルで催された。市議9期36年にわたり、市政の発展や議会の活性化に尽力した重鎮に、出席者から称賛の声が相次いだ。

 嶋村氏は全国市議会議長会の会長や自民党市連政調会長などを歴任。厳格で強力なリーダーシップを発揮する一方、若手の面倒見がよく、議会のかなめとして党派・会派を超えて人望を集めた。昨年4月に勇退し、同年11月には国から功績がたたえられ、同章を受章した。

 祝賀会には林文子市長や経済関係者、国会議員、市議、県議、支援者ら約600人が出席。市議時代に嶋村氏から薫陶を受けたという菅義偉官房長官は「私は国民のために資するのかを重視し、物事の筋道を通すことを貫き、国政に臨んでいる。(嶋村氏から)学んだ影響が大きい」と祝辞し、会場から拍手がわいた。

 嶋村氏は「地域の声に応えようと力を注いできた。皆さんの後押しや支えのおかげで今がある。叙勲は皆さんに与えられたもので、代表して受けた。心から感謝したい」と述べた。


シェアする