1. ホーム
  2. 社会
  3. 相模線活性化へ協議会 イベント列車検討も

相模線活性化へ協議会 イベント列車検討も

社会 神奈川新聞  2016年03月26日 02:00

 JR相模線沿線の活性化に向けた「相模線沿線活性化協議会」が25日、設立された。県と沿線の相模原、茅ケ崎、海老名、座間市、寒川町と、各商工会議所や商工会、JR東日本横浜支社で構成する。

 沿線イベントとのタイアップやイベント列車の運行などによる同線の利用促進策、輸送改善や新駅設置を検討。駅周辺まちづくりの推進や駅舎改修、バリアフリー化などについても協議する。同線の複線化を目指す「相模線複線化等促進期成同盟会」とは別の新組織として、利用促進、活性化などに取り組む。

 同様のメンバーが昨年、さがみロボット産業特区のイメージキャラクター「鉄腕アトム」をあしらった「アトムトレイン」を同線で運行させており、こうした実績も今回の連携を後押ししたという。


シェアする