1. ホーム
  2. 経済
  3. 住宅地3年連続上昇 県内公示地価、際立つ二極化

住宅地3年連続上昇 県内公示地価、際立つ二極化

経済 神奈川新聞  2016年03月23日 02:00

商業地の県内上昇率1位となった橋本駅周辺の地点。リニア中央新幹線の新駅設置による発展に期待が高まる=相模原市緑区橋本2丁目
商業地の県内上昇率1位となった橋本駅周辺の地点。リニア中央新幹線の新駅設置による発展に期待が高まる=相模原市緑区橋本2丁目

 国土交通省は22日、2016年1月1日時点の公示地価を公表した。県内の住宅地の平均変動率はプラス0・1%で3年連続上昇、商業地もプラス1・4%で4年連続で上昇した。ただ、穏やかな上昇基調は変わらないものの上昇率は鈍化し、住宅地で前年比0・3ポイント減、商業地は横ばいとなった。横浜、川崎の二大都市がけん引する一方、高齢化や人口減が続く三浦半島や県西部の一部で下落が止まらず、二極化が際立った。

 住宅地は、継続地点1122のうち、上昇と横ばいの地点の占める割合が68・4%で、前年(75・2%)から減少した。平均変動率が上昇したのは横浜、川崎、相模原市の3政令市を中心に海老名、藤沢など前年と同じ33市区。特に横浜(プラス1・2%)と川崎(プラス1・1%)の二大都市がけん引したが、どちらも上昇幅は前年より縮小または横ばい。両市内でも都心へのアクセスが良い地域や駅徒歩圏、平たん地では堅調だが、丘陵地や交通不便地では下落地点が出るなど、利便性による格差も生じた。

 商業地は、継続地点317のうち、上昇と横ばいの地点の占める割合が84・2%で、ほぼ前年並み(84・5%)。特に川崎(3・0%)、横浜(2・3%)の2市が高い上昇率を示した。県土地水資源対策課は「横浜駅西口再開発事業の進展や武蔵小杉駅周辺の根強いマンション需要、金融緩和を背景とした不動産投資意欲から、高度商業地への需要が引き続き堅調」とした。

 また、相模原は0・9%(前年0・4%)で、特にリニア中央新幹線新駅設置に対する発展的期待感から橋本駅周辺地域で顕著な上昇がみられた。県全体の平均変動率については、同課は「近隣型商業地の多くは上昇の動きが弱まっている」としている。

 一方で、三浦半島や県西地区などでは地価の下落傾向がより顕著になった。特に三浦市は住宅地がマイナス6・0%(前年5・8%)で、県内で住宅地の下落率が最も高かった10地点のうち9地点を同市が占めた。同市は商業地も前年に比べ下落幅が縮小したが、マイナス4・4%だった。

 県内全体の1平方メートル当たりの平均価格は、住宅地が18万4800円、商業地が44万9000円。

リニア高まる期待 橋本駅周辺で大幅上昇

 国土交通省が22日に公表した神奈川の公示地価は、前年までと同様、交通利便性の高い地域に上昇地点が集中。中でも、リニア中央新幹線の新駅設置が決まっている橋本駅周辺(相模原市緑区)では住宅地や商業地の上昇率が大幅に伸びた。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の県内区間「さがみ縦貫道路」の沿線でも物流系用途が引き続き好調だった。

 橋本駅周辺は、京王相模原線始発駅でJR線も乗り入れるターミナルとして従来から需要が底堅かったところに、リニアの要素が加わったことで知名度が飛躍的に向上した。リニアについては昨年末に山梨県内でトンネルが着工し、期待が高まっている。地元で店舗を構えて40年以上になる山信不動産(同区東橋本)の中山忠信社長は「2013年にリニア新駅設置が明らかになった途端、全国の投機筋が一斉に目を向けるようになった」と近年の地価上昇の背景を分析する。

 相模原市は橋本、相模原の両駅周辺地区を一体的に捉えた広域交流拠点基本計画を策定。昨年7月、国の「都市再生緊急整備地域」は橋本駅南口周辺に加え、リニア新駅建設予定地周辺と相模原駅北側にも拡大した。「これに伴って橋本駅南口付近の第2種住居地域や近隣商業地域が、相対的に地価が高くなる商業地域に変更される可能性が高い」と話す中山社長は、一層の地域の発展に期待を寄せている。

 工業地では、寒川町、厚木市のさがみ縦貫道路沿線地域で企業の物流拠点の移転・集約ニーズが喚起され、全国の上昇率上位10地点のうち4地点を占めた。個別地点では寒川町田端がプラス9・6%で、上昇率で県内1位。全国でも4位に入った。浜銀総合研究所の森翔太郎研究員は「沿線地域は工場跡地の転用が成功した好例。雇用創出効果があり、通販物流倉庫のニーズもある」と分析している。

 ◆公示地価 地価公示法に基づき国交省が発表する。都市計画区域を中心に選んだ標準値について、不動産鑑定士が周辺の取引事例や土地収益などを参考に1月1日時点の1平方メートル当たりの価格を算定する。土地取引や固定資産税の目安になるほか、公共事業の用地買収価格に反映される。今年の県内の標準地は1747地点(前年比226地点増)。うち前年からの継続は1497地点、選定替えは24地点。


シェアする