1. ホーム
  2. 経済
  3. 横浜に新ファッション そごうで提案イベント

横浜に新ファッション そごうで提案イベント

経済 神奈川新聞  2016年03月23日 02:00

ハマトラを進化させた「ヨコハマベイサイドファッション」とバッグ、靴とのトータルコーディネートが楽しめる=そごう横浜店
ハマトラを進化させた「ヨコハマベイサイドファッション」とバッグ、靴とのトータルコーディネートが楽しめる=そごう横浜店

ハマトラを進化させた「ヨコハマベイサイドファッション」とバッグ、靴とのトータルコーディネートが楽しめる=そごう横浜店
ハマトラを進化させた「ヨコハマベイサイドファッション」とバッグ、靴とのトータルコーディネートが楽しめる=そごう横浜店

 神奈川で生まれ育ったブランドやライフスタイルを提案するイベント「神奈川・横浜ディスカバーウィークス」が、そごう横浜店(横浜市西区)で始まった。今年は「横浜の人が、新しい横浜ファッションを作る」がテーマ。4月4日まで。

 目玉は、横浜元町バッグの「キタムラ」とそごう横浜店のコラボレーションで生まれた「ヨコハマベイサイドファッション」。「ハマトラ」を進化させたワンピースやジャケットなどを中心に、それぞれに合うバッグ、靴と共に、トータルコーディネートを提案する。

 キタムラのデザイナー、足立早里伊さんは「清楚(せいそ)な中にもシャープな印象、気品を感じてもらえるようにデザインにした」。同社のコンセプトであるかわいらしさ、優しさ、上品さに、スマートさをプラスし、こだわりのイタリアンレッドや、ボーダーを部分使いにするなど新たな世界を展開する。

 地元の人が考える新しい横浜スタイルをテーマにした展示「岩崎学園 横浜fカレッジ×リミテッド エディション」は、同校でファッションを学ぶ生徒39人が、西武・そごう限定のブランド「リミテッド エディション」とキタムラのバッグを使い、13通りの横浜ファッションを提案する。


シェアする