1. ホーム
  2. スポーツ
  3. フットサルママら熱戦 秦野FCが女性限定大会

フットサルママら熱戦 秦野FCが女性限定大会

スポーツ 神奈川新聞  2016年03月22日 02:00

女性限定のフットサル大会ではつらつとしたプレーを見せる選手ら=秦野市羽根のフットボールパーク秦野
女性限定のフットサル大会ではつらつとしたプレーを見せる選手ら=秦野市羽根のフットボールパーク秦野

 女子フットサルの県1部リーグに所属する秦野市内唯一のチーム、秦野FCのファン層拡大と競技普及を目指す女性限定のフットサル大会「セレブフットサルパーティー」が21日、フットボールパーク秦野(同市羽根)で行われた。小学生から63歳まで市内外の約60人が参加し、熱戦を展開した。

 普段は子どもたちの応援役に回る母親などが主な対象で、試合中は秦野FCのスタッフらが子どもたちの「指導兼子守役」に。8チームが2グループに分かれて総当たり形式で試合をし、最後に順位決定戦を行った。

 選手は初顔合わせとは思えないほどテンポ良くパスを回したり、ミドルシュートやダイレクトシュートを放つなど、はつらつとしたプレーで親睦を深めた。

 小中学生の息子たちの応援に加え、自身もフットサルをプレーしているという伊勢原市の石渡植美(なおみ)さん(40)は「いろいろなお母さん方と楽しくできた。すぐに仲良くなれるのがスポーツのいいところ」と笑顔で話していた。


シェアする