1. ホーム
  2. 話題
  3. バリ島の小学生来訪 歌や踊りで異文化交流 伊勢原

バリ島の小学生来訪 歌や踊りで異文化交流 伊勢原

話題 神奈川新聞  2016年03月16日 02:00

合唱するバリ島と伊勢原の小学生ら =伊勢原市民文化会館
合唱するバリ島と伊勢原の小学生ら =伊勢原市民文化会館

 伊勢原市を訪問中のインドネシア・バリ島の小学生ら15人が15日、同市田中の市民文化会館で伝統の「奉納の舞」を市民に披露。地元の小学生や幼稚園児と合唱を楽しみ、交流を深めた。

 一行はバリ島と交流を続ける市内のNPO法人「凧(たこ)たこあがれ」の招きで12日に来日。市内の産業能率大学の学生も訪問を支援している。

 この日は同会館小ホールの定員(約390人)を超え、立ち見も出る盛況ぶり。華やかな民族衣装で優美な奉納の舞を踊ると、大きな拍手が送られた。地元の小学生らと一緒にインドネシアでも人気の「ドラえもん」の主題歌など3曲を日本語で合唱した。

 同国の小学6年生ゲデ・クリスナ・クスマ・ユダ君(12)は「緊張したけれど、とても楽しかった」と笑顔。市内に住む小学6年生の女子生徒(11)は「奉納の舞はすごくきれいだった」と話していた。

 一行は市内のセミナーハウスに宿泊しながら17日まで日本に滞在する。


シェアする