1. ホーム
  2. 経済
  3. 京浜臨海部発CO2フリー実現へ 風力発電所で水素製造

京浜臨海部発CO2フリー実現へ 風力発電所で水素製造

経済 神奈川新聞  2016年03月15日 02:00

再生可能エネルギーから製造した水素の供給網構築の実証プロジェクトを発表した関係者ら。右奥が燃料電池フォークリフト、左奥が運搬に使う簡易水素充填車=横浜市西区
再生可能エネルギーから製造した水素の供給網構築の実証プロジェクトを発表した関係者ら。右奥が燃料電池フォークリフト、左奥が運搬に使う簡易水素充填車=横浜市西区

 京浜臨海部で2016年度から、再生可能エネルギーで製造した水素の供給網構築に向けた実証プロジェクトが本格的に動き出す。水素の利活用モデルを産業分野で描く取り組みで、横浜市風力発電所「ハマウィング」(同市神奈川区)が生み出す電力で水素をつくり、臨海部に立地する中央卸売市場や工場の燃料電池フォークリフトの稼働に利用。供給する過程で二酸化炭素を一切排出しない“CO2フリー”の実現も進める。

 大気中から採取でき、燃焼時に二酸化炭素を出さない“究極のクリーンエネルギー”といわれる水素。全国で活用を模索する動きが進みつつあるが、再生可能エネルギーを利用して水素の製造から貯蓄、運搬、利用までの供給網の構築を目指す例は少ないという。

 プロジェクトには県と横浜、川崎市、トヨタ自動車、東芝、岩谷産業などが参画。昨春には環境省の地域連携・低炭素水素技術事業に採択され、15~18年度の4カ年事業となる。

 進められるのは、水素の製造、貯蔵・輸送、燃料電池フォークリフトの導入利用などの各分野。既にシステム設計などの準備は進んでおり、16年度から設置工事などが始まる。

 製造では、ハマウィングの電力で水を電気分解することで、水素を生産する。安定供給には電力の確保も欠かせないため、蓄電する仕組みも併せて整備。風力発電で得た電力を、トヨタのハイブリッド車「プリウス」の使用済みバッテリーに貯める。

 貯蔵・輸送では、2日分の水素を蓄えられる体制を構築するほか、輸送用の簡易水素充填車(ハイブリッドトラック)を国内初導入する。将来的にはさらに充(じゅう)填(てん)車も水素で走る燃料電池車(FCV)に置き換えることも視野に入れる。

 燃料電池フォークリフトの導入利用には、トヨタが2月に発表した豊田自動織機製の燃料電池フォークリフトを採用。導入するのは横浜市域が同市中央卸売市場本場市場、キリンビール横浜工場、川崎市域がナカムラロジスティクス(かわさきファズ物流センター内)、ニチレイロジグループ東扇島物流センターで敷地内の物流業務などに活用する。今秋から順次導入し、17年度には4施設各3台の運用を目指す。

 14日には横浜市内でプロジェクトの報道説明会を開催。トヨタの友山茂樹専務役員は「FCVの普及には水素ステーションの整備だけでなく基盤となる水素の安定供給網の構築が重要。日本のモデルケースになるようにしたい」と話した。

 事務局の一端を担う県も大きな期待を寄せる。松浦治美エネルギー担当局長は「将来のCO2フリーの水素社会の実現を神奈川から発進していく」と説明。「かながわスマートエネルギー計画」では、日産自動車(横浜市西区)がリードする電気自動車(EV)の普及も掲げていることに言及し「技術革新の動向を見極めながらFCV、EVともに導入拡大をサポートするスタンスに変わりはない」とした。


シェアする