1. ホーム
  2. 話題
  3. 猫と避難するためのアイデアが満載のキャリーが誕生

女性自身
猫と避難するためのアイデアが満載のキャリーが誕生

話題 神奈川新聞  2016年03月14日 11:41

猫と避難するためのアイデアが満載のキャリーが誕生(写真:女性自身)
猫と避難するためのアイデアが満載のキャリーが誕生(写真:女性自身)

 5年前の東日本大震災では、数多くのペットも被災した。しかし、避難所へペットを連れて行くことができず、困窮した飼い主も多かったという。

 4月20日に発売される「LEONIMAL リュック型ペットキャリー GRAMP」は、ケージが内蔵されたキャリーバッグ。災害が発生した際、避難所への移動からそこでのスペース確保までが、このバッグひとつで可能になる。商品を監修したのは、被災地でたくさんの動物と飼い主を見てきた、NPO法人アナイスの平井潤子さん。

 「ねこは、キャリーに入れて避難しても、何日もその中で生活することは困難です。そこで、せめて数日は飼い主と生活できるよう、また飼い主の不安な気持ちを少しでも緩和できるよう、さまざまな工夫をしています」(平井さん)

 このキャリーのいちばんのポイントは、中の空間を広げられること。トイレの設置もできる。ほかにも給水口や目隠しシートなども用意されている。デザインを担当したのは、設計事務所imaの小林恭さんと小林マナさん。2人もねこと暮らしており、災害を機に動物保護のボランティアを始めた。

 「底面と背面には、ペットシーツやフードが入るような収納スペースを、両サイドには出し入れしやすいポケットをつけました」(小林恭さん)

 日ごろから部屋に置けるようなデザインも、ポイントのひとつ。

 「日常でも、ペットが心地よく過ごせます。通院や行楽にも使える、頼もしいバッグです」(平井さん)

 いざというときのために、ふだんから使ってキャリーになれさせておこう!【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。
【関連記事】
ねこを愛したい&ねこに愛されたい!そんなあなたへ「モフッ!」とお届け
黒柳徹子、タモリの猫に「行儀が悪いから叱りました」
にゃうにゃう猫生相談「ケージ飼いってどうなの?」


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕