1. ホーム
  2. 話題
  3. 江の島で貝の恵みに感謝 稚児らハマグリを放流

江の島で貝の恵みに感謝 稚児らハマグリを放流

話題 神奈川新聞  2016年03月14日 02:00

海に向かってハマグリの稚貝を投げる稚児ら=藤沢市の江の島
海に向かってハマグリの稚貝を投げる稚児ら=藤沢市の江の島

 江の島(藤沢市)に恵みをもたらす貝類に感謝の祈りをささげる「貝供養神事」が13日、島内で行われた。きらびやかな衣装を身にまとった稚児らが島内を練り歩き、たどり着いた海に稚貝を放流した。

 貝類は観光客をもてなす食材や貝細工の材料として、江の島にとって欠くことのできない海産物。そんな貝類の供養のため以前から地元で営まれてきた神事を、近年は春まつりの一環で行うようになった。

 この日の供養には貝とともに健やかに成長してほしいと、公募で選ばれた市内在住の小学1~3年生約40人が参加。江の島中腹にある江島神社辺津宮で神事に参列した後、観光客でにぎわう弁財天仲見世通りを通って海を目指した。

 放流で用意されたのは幅数センチのハマグリ計約20キロで、稚児たちは籠の中の貝を手に取っては海に向かって放り投げていた。


シェアする