1. ホーム
  2. 話題
  3. 幸せ探す子ども描く 小中高生がミュージカル

18、19日青葉区 地元の歴史や自然も
幸せ探す子ども描く 小中高生がミュージカル

話題 神奈川新聞  2016年03月08日 09:46

ミュージカルの練習に励む子どもたち=横浜市青葉区
ミュージカルの練習に励む子どもたち=横浜市青葉区

 さまざまな悩みを抱えながら生きる現代の子どもたちをテーマにしたミュージカル「飛べ青い鳥~誕生青葉高校歴史探偵団~」が18、19の両日、青葉公会堂(横浜市青葉区)で開かれる。演じるのは区内を中心とした小中高生。3年前の公演の再演となるが、配役や音楽を増やし、見応えのある内容に仕上がっている。

 青葉区小中高生ミュージカルは、地域の子どもたちの異年齢交流を目的に実行委員会の主催で2001年から始まった。地元の歴史や自然を織り込んだオリジナル脚本を上演し、今回は計43人が参加している。

 「飛べ青い鳥」は、いじめや家庭環境などに心を痛めながらも、幸せの青い鳥を探して生きる子どもたちの姿を描く。青い鳥は区内の川に飛来するカワセミから着想し、舞台には里山や古墳など地元の風土も織り交ぜた。

 主人公の女子高生を演じる私立高2年の始澤(はじめさわ)奈璃(なるか)さん(17)は「友達関係で悩むところなど、主人公に共感しながら演じている。悩みを抱えている人々にもミュージカルを通じて希望を与えられれば」と来場を呼び掛けている。

 18日は午後6時半、19日は午後2時と同5時半開演。チケットは一般1700円(前売り1500円)、小中高生700円(同500円)。問い合わせは実行委電話090(1703)5926。


シェアする