1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 水上から見る復興橋梁 船上見学ツアー

水上から見る復興橋梁 船上見学ツアー

カルチャー 神奈川新聞  2016年02月28日 02:00

緻密なトラス構造が特徴の谷戸橋をボートから見上げる参加者ら=横浜市中区
緻密なトラス構造が特徴の谷戸橋をボートから見上げる参加者ら=横浜市中区

 1923年の関東大震災後に横浜市内で建設された「震災復興橋梁(きょうりょう)」をボートで巡る見学ツアーが27日、大岡川の横浜日ノ出桟橋(中区)を起点に行われ、市民ら約30人が参加した。

 市内では震災から約5年間に178橋が造られ、41橋が保全されている。その多くが現存する大岡川と中村川を航行。参加者はリベットが整然と打ち込まれた鉄骨や、三角形を組み合わせたトラス構造のアーチ橋を熱心に見上げていた。

 ツアーは「かながわ建築祭2016」(主催・日本建築家協会関東甲信越支部神奈川地域会)の一環で、市との共催。

 市は震災復興橋梁を歴史的資産と位置付け、橋の保全を積極的に進めている。ガイドを担った建築家の笠井三義さんは「橋の歴史や保全に向けた動きに市民の関心を呼び起こしたい」と話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況