1. ホーム
  2. 経済
  3. 丹沢背景に名車走る 28日伊勢原でラリー

丹沢背景に名車走る 28日伊勢原でラリー

経済 神奈川新聞  2016年02月27日 02:00

伊勢原路を駆け抜けた昨年のラリーの様子(チーム・アッスル提供)
伊勢原路を駆け抜けた昨年のラリーの様子(チーム・アッスル提供)

 雄大な大山、丹沢を背景に、フェラーリなど39台が駆け抜けるラリー「ツール・ド・伊勢原」が28日、伊勢原市西富岡の市総合運動公園と周辺で開かれる。

 茅ケ崎市のモータースポーツ愛好家団体「チーム・アッスル」が主催し、3回目。県内のほか、静岡、群馬などからイタリアのランチア、三菱ランサーなどがエントリーした。同公園を発着点に周辺の一般道約60キロを制限速度内で走る。スピードではなく、区間ごとに設けられた目標タイムへの近さを競う。渋滞などに遭遇するとタイムは補正される。

 1号車は午前10時に同公園を出発。昼休憩を挟み、午後2時半ごろまで行われる。同団体の田中美彦代表(58)は「沿道で選手を応援してほしい」と来場を呼び掛けている。

 問い合わせは、同団体電話0467(54)1966。


シェアする