1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 寄付者に「お礼の品」 ものづくりアピールふるさと納税で綾瀬市が方針

寄付者に「お礼の品」 ものづくりアピールふるさと納税で綾瀬市が方針

政治行政 神奈川新聞  2016年02月24日 02:00

 特典付きのふるさと納税が人気を集める中、綾瀬市も2016年度から、1万円以上の寄付者に市ゆかりの返礼品を贈る方針だ。製造業が盛んな「ものづくりのまち」を市外に売り込み、市の知名度向上と販路拡大も狙う。

 市は、政令市を除いて県内最多の工業事業所数を誇る。返礼品は、市内で製造される電子機器や金属製品などを想定。高額寄付者向けにタブレット端末やデジタルカメラも検討している。市内産豚のハムやみそ漬けといった名産も加える予定。4月に参加事業者を公募し、7月にも返礼制度を始めるつもりだ。

 民間研究所の調べによると、全国自治体の14年の知名度ランキングで綾瀬市は520位と、県内市で最下位に沈んだ。市は返礼制度などでシティーセールスを進め、19年までに近隣の海老名市や座間市と並ぶ300位以上を目指している。

 16年度当初予算案に製品代や手数料などとして、349万円を計上。年間500万円の寄付を見込む。14年度の市外の個人からの寄付は、2件計1万6千円だった。


シェアする