1. ホーム
  2. 話題
  3. 今週のにゃうにゃう猫生相談「病院が嫌いだニャ!」

女性自身
今週のにゃうにゃう猫生相談「病院が嫌いだニャ!」

話題 神奈川新聞  2016年02月22日 12:49

今週のにゃうにゃう猫生相談「病院が嫌いだニャ!」(写真:女性自身)
今週のにゃうにゃう猫生相談「病院が嫌いだニャ!」(写真:女性自身)

 楽しく、幸せなねことの暮らし。でも、不調やトラブルは突然やってくる。そこで、猫専門医の服部幸先生が、悩みをズバリ解決する「にゃうにゃう猫生相談」!今回も、悩めるねこからこんな相談が届いた……。

【Q】「僕は9歳のオスです。もういい年だからか、最近、体の調子がよくありません。そんな変化を飼い主さんはすぐ気づいてくれたのですが、おかげで定期的に病院に通うハメに……。子供のころから病院は大嫌い。この性格、何とかなりませんか?」

【A】「病院へ連れて行くストレスを軽減する工夫を」(服部幸先生)

 基本的に、ねこは外出が嫌いです。動物病院ともなると、大嫌いというねこもいるでしょう。大きなストレスを感じたり、興奮したりしているねこは、診察もしにくくなります。

 病院へ連れて行くストレスを軽減する工夫として、まずはキャリーバッグ選びを考えてみましょう。素材が麻などでできているものや、穴の開いたおしゃれなデザインのものは、爪がひっかかりやすい欠点があります。また布製のものは、おしっこやうんちの臭いが取れにくいです。こうしたキャリーバッグは人気ですが、ねこの通院には不向きかもしれません。

 診察に便利なのは、プラスチック製で上下に分けられるようなタイプ。上を開ければ、出さずに診察することも可能です。サイズは、ねこが入って少しゆとりのある程度のものを選びましょう。大きすぎると安心できず、小さすぎると身動きがとれないという弊害があります。

 移動中や病院の中では、バスタオルなどでバッグを覆って視界をさえぎり、落ち着かせてあげましょう。そのまま顔にバスタオルをかけ、触診することもあります。

 また、複数飼いの場合、1匹を病院へ連れて行って戻ってくると、留守番ねことけんかになることも。病院や、ほかの動物のにおいがついているからです。タオルで互いの顔を拭ってにおいを付け合い、安心させるといいでしょう。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。
【関連記事】
【にゃうにゃう猫生相談】「トイレで”大”をすることができない」
にゃうにゃう猫生相談「ケージ飼いってどうなの?」
にゃうにゃう猫生相談「動物病院へ行くタイミングは?」
【にゃうにゃう猫生相談】「飼い主が歯磨きをしてくるのがいやニャ!」
今週のにゃうにゃう猫生相談「ヒモを飲んじゃった!」


シェアする