1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 愛川町予算案:積極型編成で独自色

愛川町予算案:積極型編成で独自色

政治行政 神奈川新聞  2016年02月20日 11:25

 愛川町は19日、総額241億5400万円の2016年度当初予算案を発表した。総額では過去最大を更新。一般会計は123億800万円で前年度比4・8%増となり、3年ぶりのプラス編成。2度目の編成となった小野沢豊町長は「健康・子育て・教育に重点配分」と独自色を出した。

 一般会計の歳入は、町税が74億6600万円で0・5%増。高齢化の進行などで町民税が減少する一方、圏央道効果による物流施設の進出で固定資産税の増収を見込む。

 歳出は、消防指令台の機器更新や田代保育園の耐震補強などで投資的経費が大幅に増えた。

一般会計 123億 800万円( 4.8%増)
特別会計 108億8400万円( 1.2%増)
水道会計 9億6200万円(16.1%減)
…………………………………………
総  額 241億5400万円( 2.2%増)

※100万円未満切り捨て


シェアする